タイムレコーダーは、出社と退社を管理するものとして、多くの会社で利用されている機器ですが、タイムレコーダーは、社員一人一人が出社をした時と退社をした時に打刻を行う事で管理が出来るものになります。一ヶ月の労働日数が20日間であれば、タイムカードを見た時に、20日分の出社時間と退社時間が打刻されている事が必要となります。もし、1日欠勤を行えば、労働日数は1日少ない19日間となりますので、その1日は欠勤になるか有給で処理を行うのかの選択肢が行われるわけです。大半の場合、欠勤にするよりも有給を使い処理をしまうが、この時、届け出を出しておかないと、休んだ日が欠勤扱いになる事もあるので注意が必要です。しかし、勤怠管理を行う人は、社員全員の管理を行いますので、誰が何時休んだのかや、残業をいつ何時間やったのか、半休をとったのがいつであるのか、遅刻をしたのがいつで、どれだけの遅刻であったのかなどを把握する事が出来ません。

遅刻や半休、そして有給というものは、基本的に届け出を出す事になりますので、把握はし易くなりますが、残業に関しては日々のことですから、タイムカードが必要になるわけです。また、届け出が出ていても、それが正しいかどうかをタイムカードと照らし合わせて確認をしなくてはなりませんので、日々の打刻と言うものが大切なものとなるのです。毎日同じ様な時刻に退社をしている場合であれば、タイムレコーダーを使って打刻をする必要もありませんが、退社時刻を把握する意味においては必要性があるものとなるのです。早く退社をしてしまえば、所定労働時間に満たなくなりますし、残業を行った場合は、タイムレコーダーで打刻を行っておかないと、残業代が支払われないなどの事にもなりかねません。大半の人々は、残業を行った時はきちんと打刻をするものです。しかし、遅くまで残業をしていて、かなり疲れているときなど、つい打刻をするのを忘れてしまうと言う事もあるのです。勿論、これは申告を行う事で許されるわけですが、それでも何時まで仕事をして残業となったのかの証明になるものはありませんので、打刻という事は大切なのです。このように、タイムレコーダーは、社員1人人が適正な時間労働をして、残業代や給料を貰うために必要となるものなのです。

しかしながら、最近は打刻を行うと言うよりも、ICカードなどを使い入退室の管理を行える仕組みを取り入れている企業も多くあるのです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL